Japanese-English Bilingual Attorney
Law Offices of William Herbert
William Herbert
5603 SW Hanford Street
Seattle, WA 98116
Phone +1.404.545.8274
info@wherbertlaw.com
 



営業秘密

 「営業秘密」とは、一般に知られていないまたは適正な手段で解明不可能であることから独立した経済的価値が発生する、または相応の努力を行って保護されている情報です。 営業秘密のリバース・エンジニアリングは合法ですが、詐欺、産業スパイ活動や契約違反などの「不当な手段」によって営業秘密を入手することは禁じられています。 営業秘密は、特許を出願できない技術を保護することができます。

 営業秘密に関する法律は、商業的に細心の注意を払うべきで重要な情報という企業の財産の保護を目的としています。 営業秘密は州法で規定されています。

 1981年ワシントン州、1990年ジョージア州営業秘密法では、その形態に関わらず、次のような情報を営業秘密として定義しています。周知となっていない、または公衆が適切な手段で入手不可能である技術的・火技術的データ、公式、パターン、編集物、プログラム、手段、手法、技法、図面、プロセス、財務データ、財務計画、製品計画や、現在のおよび潜在的顧客や供給先の一覧。さらに(1)その情報の開示や使用によって経済的価値を得ることができる第三者に知られていないまたはその第三者が適切な手段で解明できないことから経済的価値(実際のまたは潜在的価値)が発生するよう情報、なおかつ(2)相応の努力を行って保護されている情報が含まれています。

 営業秘密の所有者は、営業秘密になっている情報の無断使用または開示を防ぐことができます。 情報の秘密性が確保されている限りその情報は営業秘密として扱われ、無断開示によって、その保護は無効となってしまいます。 従って、営業秘密を保持する秘決は、適切な保護対策の導入と維持にあります。保護対策には、物理的な保護対策、安全的な対策、必要最低限の要因に開示を制限すること、守秘義務契約を締結するなどがあります。 営業秘密の保護を受けるためには書面による契約は必要なく、情報が営業秘密であり続ける限り営業秘密は保護されます。 営業秘密の所有者は、営業秘密と見なす情報を保護するために断固たる措置を取らなければなりません。最低限でも、秘密情報へのアクセスを制限する、秘密情報をそれと分かるよう記す、外部の第三者全員に非開示または秘密保持契約の締結を要求する、全ての従業員の雇用契約書に同様の条項を盛り込むなどの装置を講じる必要があります。

 ワシントン州、ジョージア州の営業秘密法は、営業秘密の不正利用を禁じており、不正利用によって生じた損害に対して差し止め命令による救済と損害賠償が規定されています。




ハーバート弁護士のご紹介 米国で業務を行う日本法人 知的財産権 裁判外紛争解決/ADR ハーバート弁護士への連絡 お知らせ ニュース
Copyright 2009. All rights reserved.